毎日の生活の中で何かひとつでも幸せに感じられたらその日が幸せになれると思ってます♪   悲しい日もつらい日もあるけどその中で小さな幸せを見つけられたらいいなぁと・・・・・
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜12時頃けたたましいサイレンの音が鳴り響いた
消防車が10数台自宅の近くを通り過ぎていった
またどこかで火事でもあったのかな?・・・かわいそうだな~

そしてなんと今朝、事務所に来て驚いた
事務所の道路をはさんで反対側の賃貸マンションの駐車場にあった車が放火されたらしい

市町村合併で町から市になったものだからあっちこっちから消防車が集まって現場はすごいことになっていたみたいです
まだコンクリート造だったので建物への延焼は少なく車が3台と駐車場の天井が燃えて火は消えたみたいでよかった
だけど天井裏の電線や配管も焼けてひどいことになってる
車も無残な姿に変わってた
すごい炎だったんだろう玄関の表札や非常照明も溶けていた
真っ黒い煙で建物はススだらけ
部屋の中にも煙が入り匂いがついて大変なことになっているだろうな
上の階の住人はあせっただろうな
もし自分の家が火事なんて想像もできないよ
そして深夜だというのに何処からともなくやじ馬が集まりものすごい人だかりだったそうです

ここからは想像なんだけど

1階の住人で30代なかばかな?いつも短いスカートをはいて仕事もしていないような感じの女性(賃貸マンションのオーナーかも?)が住んでます
金曜日の3時事頃にその女性の部屋の前で「コラ~開けろ~!」「バカ野郎!」などと叫んでドアを蹴飛ばしてる男がいたんだ
古くて汚い車でフロントもデコボコでガムテープで補修してあった
少し小太りで目つきが怪しい
どこかのやくざの下っ端のチンピラ風
すごい音がしたので外で見ていたらその男と目が合っちゃったよ
にらみつけられた・・・正直怖かったよ
おもわず目をそらした
なんかこっちまでまき沿いを食いそうな感じがして怖かった
そしてその女性の車が放火されたのを聞いてゾッとしたよ
車のナンバーを見ておけばよかったな
その男が犯人かどうかはわからないけどあまりにも偶然が重なったものだから

コレはあくまでも僕の想像ですからね
スポンサーサイト
最近は犬の散歩に行かなくなったな~
飼いはじめの時はみんなが散歩に行きたくて犬の取り合いだったのに
いつの間にか今ではお姉ちゃんが散歩係になってしまった
まぁ親父が小さな犬を散歩していても絵にならないからな~・・・ちょっと恥ずかしかったりして
飼いはじめた頃はミニチュアシュナウザーって飼ってる人が少なかったけど・・・最近は多くなったよ
木村拓也が飼っていると報道があってからホント飼う人が増えたよ
それも綺麗に散髪してあって可愛い犬ばかりだ・・・ウチのピコは汚くて恥ずかしいよ
だから夜しか散歩に行かない・・・ピコには責任無いんだけどね
家に帰るとキャンキャンまとわり付いてきて可愛いんだ
もっと可愛がってあげないとね
今日は綺麗に洗ってあげよう・・・たまには親父が散歩に連れて行ってあげよう
すれ違う人に可愛いなんて言われたら・・・にいぃ~・・・何で親父が照れるんだよ~
久しぶりに健康を兼ねて散歩にでも行くか~・・・寒く無かったらね
昨日、今日と寒い日が続きますね・・・自転車通勤にはつらすぎます
昨日も家に帰るまでの10分間・・・手が寒くて冷たくて痛くなってきて・・・目から涙が
早く走れば風が強くなって寒いし・・・ゆっくり走れば寒い時間が長くなるし
そういえば、昔むか~し・・・高校時代の冬の出来事
高校1年のとき16の誕生日がきてすぐに原付の免許をとった・・・校則で禁止だったけどね
友達も同じように早く免許とったんだけど・・・バイクがない
友達の親父さんがスーパーカブに乗っていて・・・黙ってカブで家まで遊びに来た
沖縄ではほとんどの人がスーパーカブに乗っているらしいね・・・あっ話がそれた
早速貸してもらって一回りすることに・・・今日みたいな寒い寒い冬でした
あのころはヘルメット無しで冷たい風がまともに顔を直撃する・・・寒さを通り越して痛くなってくる
グローブはしていたんだけど・・・顔が寒い・・・痛い・・・涙をポロポロ流しながらそれでも走った
一回りして帰ったら友達が・・・どうしたんだ?・・・捕まったのか?・・・なんで泣いているんだ?
・・・・・・オイ?・・・・・・・・・・何があったんだよ?・・・・・・・・・・・オイ?・・・・・・・
一言・・・・寒かったんだよ~・・・・・・・あの野郎めいっぱい笑っていやがったな~
16の冬の寒い寒い思い出でした
誰にでも思い出の曲ってあるよね
何が思い出なのか?・・・ほとんどの人は恋愛してるときの曲だと思う
出会った時に流れていた曲・・・別れた時に聞こえてきた曲
人それぞれだけど僕の場合は昔大好きだった彼女が好きだった曲なんだ
松山千春・・・北海道のやんちゃ坊主
彼女がコンサートを聞きに北海道まで行くほどの大ファン
僕も千春になりたいといつもいつも思っていたよ
彼女に振り向いてもらおうと一生懸命だった
千春になればこっちを向いてくれるんじゃないかと
千春の曲をいっぱい聞いた・・・ほとんどの歌を知ってる
そして聞けば聞くほど千春が好きになっていったよ
女心をうまく歌っている・・・どうして女心がわかるのかな~と不思議に思うくらい
新潟の子で農家の一人娘・・・一緒になろうかとまで思っていた子だった
名古屋で仕事を終わってからその足で新潟まで会いに行ったこともあるよ
書きながらいろんな事を思い出しちゃった・・・千春・・・松山千春
僕には忘れることができない曲・・・「恋」
愛することに~♪疲れたみたい~♪嫌いになった~わけじゃない♪
今頃・・・どうしているのかな?・・・会ってみたい気もするけど・・・
僕が大好きだった子だ・・・きっと幸せになっているんだろうな
今日は成人式ですね
もう何十年も前の事で忘れちゃったな~~
ただ今でも覚えてるのは・・・
学生の頃大好きだった子が・・・おでぶちゃんに・・・え~?うっそ~?何で?
まん丸な顔して着物着てたよ・・・面影はあったけどなんか寂しかった
楽しみにしていた成人式が・・・チト残念でした(何を期待していたんだか?)
数年後にクラス会があったんだけど・・・
な~んと・・・キレイ♪綺麗♪とても綺麗になってたよ♪
恋でもしたのかな?・・・ホント綺麗になってた
また惚れ直しちゃった~~
みんなの憧れのマドンナで・・・話すことも出来なかったな
あだ名が「毛糸のパンツ
冬になると黄色い毛糸のパンツ履いてたんだ
それがまた可愛かったな
ん?・・・何で成人式からこんな話に?
みんなどうしているのかな?~~
残念だけど今の奥さんじゃないよ・・・にいぃ~
そうそう成人式に「毛糸のパンツ~」って呼んだら恥ずかしそうに怒ってた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。